車両電子アーキテクチャ(VEA)

要求が厳しくなるにもかかわらず複雑さを低減

安全性、快適性、環境に関する商用車への要求が厳しくなると、従来の電子配線システムではその限界が見えていました。この新しいシステム アーキテクチャ(設計概念)では、インテリジェント モジュールがCAN(コントローラ・エリア・ネットワーク)バスを介して通信を行うため、配線システムの小型化と生産効率の向上が実現します。

いくつかのモジュールは、さまざまなコンポーネント部品についての制御を共有し、1つのコンピュータ言語で通信を行います。これは、より柔軟で効率的な、非常に信頼性の高いコンセプトであるといえます。さらに、この構造は、より複雑でインテリジェントな相互機能を組み込む可能性を広げます。

メリット

標準化

  • エンジン、ギアボックス、リターダの標準コントローラにより、関連コストを削減
  • 車両の中心となるモジュ-ル(CVM)システム内での車両適合

統合

  • イモビライザを統合、アンテナ ケーブル長は最大12フィート
  • ADAS / ACC(車間距離警報装置)の統合を可能にするプラットフォーム

サービス

  • 市場にてソフトウェアアップグレードを実施できるため、修理時間を短縮
特長
  • システムの中心となる1つのECU
  • 5つのCANデータ バス間のゲートウェイ
  • 関連機能の統合を含むダイナミックな縦方向制御(例、CC(クル-ズコントロ-ル)、リターダ マネジメント、ADAS(先進運転支援システム)、イモビライザ)
アプリケーション
  • 大型、中型、小型トラック
  • バス、路線バス、観光バス
  • オフロード