WABCOのウェブサイトでは、お客様の閲覧体験の向上およびウェブサイトでのサービス提供のために、クッキーおよびその他のトラッキング技術を利用しています。使用されているクッキーの詳細およびクッキーのブロック方法については、当社のクッキー・ポリシーをご覧ください。 2018年5月25日に「お客様およびサプライヤに関するプライバシー・ステートメント」も更新いたしました。こちらをクリックいただくと詳細をご確認いただけます。詳細

インテリジェント・トレーラ・プログラムの先進安全機能

潜在的な危険を緩和し、ドライバ・エクスペリエンスを改善する数々のトレーラ機能

{{field.title}}

インテリジェント・トレーラ・プログラムの先進の安全機能は何を提供しますか?

インテリジェント・トレーラ・プログラムの安全機能は、コーナリング、ブレーキング、後退や納入など、トレーラのデリケートな運転操作をより安全で簡単なものにします。

product-image

アンチ・ロック・ブレーキ機能

緊急制動中にトレーラのコントロールを最適化

車両またはトラクタ/トレーラのホイールのスリップを制御し、制動中の安定性と操舵性を確保

路面の摩擦が制動力を伝達するのに不十分な場合にホイールのロック・アップを防止

制動操作中にジャックナイフを防止

制動性能の強化に貢献

タイヤの寿命を延長

12Vまたは24Vのブレーキ・システムに対応

横転抑制制御

トレーラの横転を防止

危険な横転のリスクを大幅に軽減し、危険な状態でトレーラの安定性確保に貢献します。

トレーラのホイール回転数、横G、および積荷の重量を同時に監視し、危険な走行状態を検出すると自動的にブレーキを作動

ドライバが車両をコントロールし続けられるようアシストし、横転を防止

タイヤのフラットスポット発生を防止

サイド・バイ・サイドのブレーキ制御をサポート

タンデムおよびマルチ・アクスル・トレーラでの4S/2Mをサポート

TailGUARD™

超音波センサを使った後方ブラインド・スポット検出システム

後退時に後方のブラインド・スポットに障害物や壁が検出された場合に、自動的にトレーラのブレーキを作動します。

視界に制限がある状況で、後退速度が9 km/hを超える場合、ブレーキ・ペダルを振動させてドライバに通知することで安全な後退をサポート

後退時の事故を防止

トレーラの損傷およびトレーラのダウンタイムに関連するコストを回避

荷卸し施設の損傷を防止

WABCO OptiLink™と併用

緊急ブレーキ警告

緊急ブレーキ・インジケータ

緊急ブレーキまたは急ブレーキ中に、自動的にブレーキ・ランプを点滅して周囲の交通に警告

周囲の交通に緊急の状況および急制動していることを警告し、事故を防止

トレーラおよび周囲の車両の損傷を防止

前走車の急ブレーキが原因となる負傷について、その件数および度合いを軽減

SafeStart

安全に発進できない場合にブレーキが作動

荷台が後方に傾斜している場合、または注入口が閉まっていない状態が検出された場合、または制御盤が正しく閉まっていない場合、トレーラのブレーキが自動的に作動します。

監視対象の部分が正しく閉められるとブレーキが解除され、走行が可能

Trailer EBSはパラメータの値(8~29 km/h)でブレーキ・ペダルを振動させ、ドライバにプラットフォームがリフトアップされていることを警告

ドライバがこの警告を無視し、トレーラがパラメータの値(8~30km/h)を超えると、トレーラのブレーキが自動的に作動

タンカー、積荷および周囲のインフラへの損傷を防止  

トレーラ周辺で作業する人々および他の道路使用者の安全が向上

Trailer EBS E Premiumバージョン2.5 (2012年)以降およびTrailers EBS E Standardバージョン5.3以降を使ってレトロフィットが可能

 

チルト・アラート

傾斜地でも迅速かつ安全な荷卸しが可能

荷台のシャシの傾斜を監視し、水平でなく、荷台が上がっていることで横転するおそれがあることをドライバに警告します。

迅速かつ効率的な荷卸しを可能にしつつ、トレーラの位置変化を自動的に警告

チルト警告は、OptiLink™の場合がトラックのキャビン内で、SmartBoardの場合がトレーラで確認できるほか、専用の警告灯/警告音で確認することも可能

ドライバは、荷積み/荷卸し作業中にトラックのキャビンから荷台の位置を監視することが可能

ルータおよびリピータ

長大・マルチ連結トレーラにすべてのEBS機能を提供

長大・マルチ連結トレーラ用に、トラックCANからTrailer EBS Eモジュレータへの電子ブレーキ信号を増幅します。

トラクタ/トレーラを連結し、CANバスが18 mを超え、複数のTrailer EBSモジュレータ を使用する場合にECE-R13規制に適合するために必須

ロール安定性サポート(RSS)のリクエストをロード・トレイン・トレーラと通信(1台のトレーラがトリガした場合)

長大・マルチ連結トレーラののアクスル荷重測定が可能

プラグ・アンド・プレイ設計により、装着およびサービスが容易

トラック後方80 m(262 ft)までCANラインを延長

最大5台のTrailer EBS Eモジュレータを接続可能

EBS非搭載のトラックに用意されたオプション: ISO基準に準拠したブレーキ・リクエストを生成することで、トラックのABSを含む電子ブレーキ信号を提供

バウンスコントロール

トレーラ、ローディング・ドック、および積荷の損傷を防止

荷卸し後にシャシが突然跳ね上がるのを防ぎ、トレーラおよびローディング・ドックの損傷を防止

SmartBoard、OptiLink™またはスイッチで有効化

荷卸し中に、パーキング・ブレーキを解除するとトレーラがバウンドする原因となる目では確認できないボギー軸の荷重を徐々に解放

荷重は、セミ/センタ・アクスル・トレーラでは横方向(左右)に、ドローバー・トレーラでは軸方向(前後)に解放

関連製品

当社へのお問い合わせ